旭川のオーセンティックバー 「2001 Bar Moonlight」に初訪問

旭川市

札幌から旭川へ帰省した日のこと。公共交通機関で戻ったので、奥様に車で迎えに来てもらうことになった。そうなると12月の寒空の下、屋外で待つのもちょっとキツイ。なので、どこか暖かいところで温まりながら待つとしよう。贅沢を言わせてもらうなら、美味しいお酒でも飲みながら過ごせるところなんて素敵だよな。というわけでお店を探す。

そして初めてお邪魔してきたのがこちらの「2001 Bar Moonlight」さん。さんろく街のビルの地下にあり、オーセンティックバーとして旭川ではかなり有名な店だけど、初訪問。どんな感じか楽しみだ。

お店の雰囲気

店内はカウンターが10席ほどと4人掛けテーブルが3卓。案内されてカウンターに座る。ゆっくりお酒を楽しむには丁度いいような広さだけど、なんとなく背筋が伸びるような洗練された空気がまた良い。

忘年会シーズンだったためかテーブル席にも団体さんらしきお客さん達がいて、終始静かすぎることもなく、うるさすぎることもなく、という雰囲気だった。

メニューを見るとオリジナルカクテルが。これはオーダーしなければ。

バックバーには数々のコンペティションで獲ったのであろうトロフィーや盾が。

オリジナルカクテルをいただく

そしてオーダーしたのは”アンブロージャ”。やや甘めだけど、度数もそれなりにあって飲みやすいけど力強く胃に落ちてくる。そんな印象。キンキンに冷えたカクテルなのに、口にすると寒い中やや歩いて冷えていた体が一気に熱くなってきた。

チャームは冷製コーンスープ。これがまた美味しい。パンも大きめにカットしてあるので、ちょっと空腹気味だった自分にはありがたい。毎度毎度、飲む前に何か食べておけ、という話だけど。お腹いっぱいの時にお酒飲んでもあまり味わえない気がして、毎回このパターンだ。

二杯目もオリジナルカクテルをいただく。”ボルス ラプソディー”。ウォッカベースということで、こちらも強めの一杯。そしてこちらも美味しい。飲んでいるとまた一人、二人とお客さんがやってくる。皆さんどことなく落ち着いた感じの大人な方達で、やはりこういうお店は客層も良いんだな、とか思いながらのんびりお酒を楽しませてもらった。

店舗情報

営業時間 18:30~25:00